有馬温泉アロマテラピー・ビーアイだより

libraspa.exblog.jp

ライブラナチュテラピーの直営サロンです。アロマのこと、有馬のこと、セラピストのひとりごと、ゆうるりと綴ります。

香りと記憶。

アスファルトの焼けるニオイ。
スイカを皮のギリギリまでかじったときのニオイ。
線香花火が消えたあとのくすぐったい煙のニオイ。

八月ですね。


「香り」と「記憶」は
密接につながっています。

外からの情報を脳に伝える役割を担っているのが
5つの感覚器(視、聴、味、触、嗅)。

いわゆる五感です。

このうち嗅覚だけは
「あれこれ考える」部分を経由せず
「本能」的な部分にダイレクトにつながっています。

ニオイは
「あれこれ考える」前に、
なんか気持ちいい…とか
なんか切ないなぁ…とか
なんかさびしいなぁ…とか
ダイレクトに感情にうったえかけてきます。

そして、それは「記憶」にも関係しています。

ふわーっと誰かを思い出したり、
懐かしい場所や光景を思い出したり
無意識に記憶がよみがえる。

それは「ニオイのしわざ」でもあるんです。
d0143138_14503385.jpg

八月。

毎年、八月は「戦争」のことを考える月にしています。

八月のニオイを感じると、なんとなく考えてしまいます。

私は長崎で過ごしたことがあるので
そう心に刷り込まれているんだと思います。

むずかしいことは分かりませんが
「あー原爆の夏だなー」と
「あの夏はどんなふうだったんだろうか」と
なるべく想像するようにしています。


香りと記憶。

嗅覚は、アロマセラピーがとても大切にしている部分。

好きな香りを嗅げば、心身が良い方向に反応してくれます。

逆もしかり。

心の深いところにある傷を
疼かせてしまうことだってあります。

戦争や震災を体験された方々が
毎年その季節になると体調を崩してしまう。

その苦しみを誘っている原因のひとつに
ニオイもあるんだと思います。


明日は長崎原爆の日。

午前11時2分。

今年は神戸から長崎の空に向かって
黙とうを捧げようと思います。

沖縄、広島、長崎をはじめ
戦争の犠牲となった世界中の大勢の方々を思って。

今も後遺症に苦しむ方々やご遺族の方々が
どうかどうか心を強く持って過ごせますように。


戦後67年の八月。

私は元気に生息しています。
おおむね笑って過ごしています。

みなさんと
みなさんの大切な人たちも
楽しい気持ちで過ごせていますように。

黒木香
2012年 8月9日の前日に。
[PR]
by libraspa | 2012-08-08 12:31 | 有馬温泉ビーアイ

ライブラナチュテラピーの直営サロンです。アロマのこと、有馬のこと、セラピストのひとりごと、ゆうるりと綴ります。


by libraspa